2007年06月05日

きもの文化検定テキスト発売!!!

3級教本きもの文化検定のテキストが発売されました。
3級用テキストは初級のテキストよりも一歩踏み込んだ感じです。きものが出来上がっていった歴史、織・染の作業工程等が細かく載っています。まさに、きものの教科書っていう感じです。検定を受けないにしてもを勉強するのに役に立ちそうです。

・・・今年、受けるとしたら「まざせ3級」になるわけです。受けるのはいいんですが、また「落ちたらクビ」って言われるのは嫌だなぁ。。。おなかいたくなりそうです(笑)
posted by K子 at 10:45| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めてコメントに書き込みます。

疑問に思っているのですが、きもの文化検定って何のために受けるのでしょうか?
Posted by おそめ at 2007年06月06日 19:27
おそめさん、コメントありがとうございます。
そうですねえ。
おそらく「自分がどれだけきものの知識をもっているか知るため」と「もっときものを知るための機会」としてみなさん受けられるのではないかと思います。
呉服屋さん関係では会社からのお達しで受けられる方も多いみたいですよ。
私自身、一回目を受けなかったら今よりももっときもののことを知らなかったと思います。
とはいえ、今はだんだん抜けていって、30%しか頭に残っていないような(笑)
このちくわ耳のような頭をなんとかしたいです。。。




Posted by K子 at 2007年06月07日 12:23
私も前回4級に合格して今回3級を考えています。でも前回もギリギリだったし、大丈夫かとっても心配です・・
きもの文化検定の試験集がでるようなうわさを聞いてますが、本当ですか?
いつ頃発売になるかご存知ですか?もし知っていたら教えてください〜!
Posted by なみ at 2007年06月07日 14:53
おそめさん、こんにちは!
なぜきもの検定が作られたかというと、もともと、2002年から全日本きもの振興会が京都学園大学と一緒に、「きもの学」という短期集中の大学講義を提供していました。大学生なら単位認定もされるちゃんとした講義です。この授業は学生のほかに一般人も受講でき、特にきものファンには大変人気が出て、毎年、申込者が殺到して、講義に出られない人もいるような状況です。その講義に出ていた人たちのなかから、せっかくきものに関して勉強しているのに、どれほど身についたかわからないのは残念という声があがりました。テストはあるにはあるのですが、おさらい程度のもの、単位認定は講義ごとのレポートで判断されるため、あまり力試しにならないのです。そこで、きもの振興会がきもの検定を作ったわけです。検定のテキストの監修をしている委員の方々はほとんどきもの学の講師経験者です。さらに昨年京都学園大学に「きもの学会」が作られました。
だから、きもの検定は、きものに関して勉強したい人が力試しするために作られたものです。
つまり、勉強するためにあるんでしょうね。
Posted by チーフ at 2007年06月08日 10:44
親切に沢山のお答えありがとうございました^^。

免許や認定書を授与するって着物に関してだけでなく、漢字検定や英語検定やら多々ありますよね。業界に関係なく興味があって趣味で学んでいくにあたっても、知識が増せば増すほどその実力を知りたくなるものなのかもしれないですね。

着物文化検定の背景がしれてよかったです☆

Posted by おそめ at 2007年06月11日 20:14
なみさん、こんにちは!
わたしも、amazonのメールで予約受付中の通知をもらい、びっくりして確認しました。

このブログの左側にリンクがありますが、アマゾンのページを見ると、
きものの基本一問一答 きもの文化検定推薦公式模擬問題集(仮) 1365円 辰巳出版 (2007/6/30)

ということですが、事務局に確認したところ、
発売されることは確実ですが、あくまで予定で、発売日は延びるかもしれないそうです。
問題集は初級の内容で、きもの検定推薦で、監修ではなく、昨年の過去問などの掲載もないようです。
(あくまで現段階の話なので、変更されるかもしれませんが)

試験に関しても、変更点があり、
昨年、初級の問題が簡単すぎて、合格率も高く、試験中も途中退出者がたくさんいたため、今年は初級の試験時間が60分に短縮されました。
試験会場も10ヶ所に増え、札幌、山形、新潟、群馬、岡山でも受けられます。
きものの産地が会場に増えたみたいですね。
Posted by チーフ at 2007年06月14日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。